異なる必要なスキル

IT業界においてフリーランスをするのと会社に勤めるのとでは必要とされる能力に違いがある。それぞれにおいて技術者としての素養やスキルが必要となるのは同様ではあるものの、その質や周辺の能力として両者で必須となるものが異なるのである。

フリーランスをする上で必要になるのは営業力と総合力である。仕事の獲得ができてはじめて収入につなげられることから、自分を売り込んで信頼を得て仕事の依頼をしてもらえるようになることが重要となる。そのため、ビジネストーク等のコミュニケーションの技術をつける必要性が高い。また、受けた仕事は独力で解決しなければならないことから、依頼主へのヒアリングから計画の立案、必要物の開発からテストに至るまで全てを担える総合力が必要とされるのである。

一方、会社に勤める際に必要となるのは特化した能力であり、将来的にはマネジメントスキルが重要となる。会社においては適材適所を行うのが一般的であり、ヒアリングに長けた人物がヒアリングを行い、プログラミングに長けた人物がシステム開発を行うということが行われる。そのため、何か一つ大きな特技を持っていることが重要になる。一方で、その最先端の仕事を続けるのは将来的に厳しい場合も多いことから、マネジメントスキルを身につけて昇進を図るという考え方が必要となる。

このように同じエンジニアであっても働き方によって必要とされるスキルに違いが生じるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です