仕事選びと適性について

仕事に関わるための方法として、企業に勤めるか、あるいはフリーランスとして活動するかという選択肢がある。それぞれの働き方には一長一短があり、かならずしもどちらかが有利とは一概に言うことはできない。どちらの働き方が一番有利であるかは、働く本人の適性によるところも多くある。会社は、従業員同士が互いのメリットを活かして役割分担を行っている。そのため、不得意な仕事の内容は他者に任せて、得意な仕事に専念することができる。しかし一方で、担当する分野以外のことについて仕事の経験を身につけることは難しい。また、会社の都合により指示に従わざるを得ない場面に直面することもありうる。自身がベストと考えている意見も、組織の中では必ずしも通るものではない。

一方、独立して活動しているフリーランスは、自由な働き方ができる。その一方で、たとえ苦手であっても、仕事上必要な業務をこなさなければならない。本来の仕事に加えて、雑用なども負担となる。しかし、幅広い仕事のノウハウを身につけることができ、仕事全体の仕組みが分かってくる。また、自身の責任で仕事の方針を立てる自由度があり、成功すれば大きな報酬と達成感が得られる。フリーランスとして独立するか、あるいは会社で務めるかは、働くスタイルを決める上で重要な決断であり、おいそれと決めることは難しい。まずは、それぞれの働き方についてきちんと理解し、自身がどちらに適性があるのかについて、分析する事から始められる。フリーランスについては、こちらのサイトを参考にするといいだろう。【フリーランスの始め方-スタートアップガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です