仕事の特徴を知る

フリーランスをする道を歩んで仕事を行っていく際に会社に勤務している場合と大きく違う点は、仕事の始めから終わりまでを全て自分1人で担うことになる点である。会社に勤めている場合には一連の仕事が適材適所で担われていくため、自分が専門家として特化して行える仕事のみを行えば良いという面がある。しかし、フリーランスをする場合には基本的には単独で仕事をすることになることもあって全てを担うことが不可欠である。

IT業界においてフリーランスをする場合には、仕事の獲得が最初のステップになる。インターネットの普及以後はエージェントを活用する場合が増えてきてるため、仕事の獲得は比較的容易に行えるようになってきた。エージェントに登録しておくことによって仕事の紹介を受けられるため、実質上は営業活動をほとんど行わずに仕事の獲得は可能となっている。しかし、そこから先は個人の仕事となる。受注する仕事の内容を正確に聞き取り、必要とされているものの開発を行い、その納入を行うという一連の仕事を一手に担うのである。そして、それに関わる事務的な手続きも忘れずに行わなければならない。契約書を準備して契約を交わすことも重要であり、その際に開発に必要となった経費の扱いや報酬、納期について等の交渉も行うことになる。そして、納入の際にもマニュアル等の必要書類を準備することが必要となり、一手に担う仕事の幅広さが特徴的となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です